オープンキャンパスでの食育プログラムの紹介


 栄養学科の課外活動の一つ「食育戦隊ゴハンジャー」は、地域の子どもたちが楽しみながら食について学べる食育プログラムを行っています。

 7月16日(土)の「夏の初めのオープンキャンパス」と、8月28日(日)の「夏の終わりのオープンキャンパス」で受験生に山口県立大学を体験してもらう食育プログラム開発チームの活動を紹介するコーナーを設けました。
 ゴハンジャーメンバーの学生たちが普段、子どもたちに行っている食育ゲームを高校生や保護者に体験してもらったり、これまでの活動の様子を写真入りボードを用いて説明したりしました。


 オリジナルキャラクターや工夫を凝らした食育ゲームに、高校生はとても興味を持った様子で、「この食育活動をやってみたい」という声も聞くことができました。
 また、たくさんの高校生に、チーム自作の食育ワークブックや絵本、これまでの活動の様子のムービーを見ていただくことができました。

 チームの魅力を多くの高校生に伝えることができ、高校生にも食育の大切さを感じてもらうことができた活動となりました。