文化創造学科の紹介


こんなことが学べます

文化や芸術、地域文化への知識を深めた上で表現力をやしないます

 文化創造学科は、歴史的な文脈を意識しながら、みずからの文化や芸術そして地域文化について知識を深め、積極的に情報や資料にふれたうえで、アイディアを効果的に表現し、発信できることをめざす学びを目標としています。
 そのため、2年次から「日本文化」「デザイン創造」のどちらかのコースを選択して学びを深めます。

日本文化、地域文化への理解力を高めることで新しい創造力を身につけます

 「日本文化」コースでは、わたしたちが暮らす日本の文化、そして地域の文化を再発見し新しい魅力を創造的に提示していくための高度な理解力と分析力をみがきます。言語、歴史、文学などの日本文化の領域はもちろんのこと、さらには地域文化の魅力を実践的に提案していく学びも用意しています。

デザインを通して、技術と発想力をきたえます

 「デザイン創造」コースでは、地域の特性に根ざしながら、デザインを中心とした知識と技術に基づく企画力・発想力をきたえます。ビジュアル、メディア、プロダクト、ファッション、サービスデザインなどの多様な領域の学びに出会えます。

文化創造学科が目指すもの

ふたつのコースにわかれて学んでいても、文化創造学科における学びの目的地は同じです。山口県立美術館などの学外の文化施設で、4年間の学びの成果を発表するのが、4年生の重要なミッションです。
毎年開催される文化創造学科「卒業展 +」は学科最大のイベントです。「日本文化」コースのパネル発表、「デザイン創造」コースの作品制作や報告、さらには2-3年生の成果発表も同時に行われます。
みずからの発見やアイディアを深く追求し、伝える相手に判りやすく、コトバやイメージを最大限に駆使してアピールしていく力。それが文化創造学科が学生のみなさんにプレゼントしたいと願っている力です。