栄養学科の紹介


こんなことが学べます

 「食」は人が生きていくうえで欠くことのできない命の源です。毎日の食事は人々の健康に深く関わっています。
栄養学科は、人々の健やかで豊かな生活の実現のために、栄養学を基盤とした「つながりの諸科学」を踏まえ、一人ひとりの身体状況や栄養状態に応じた支援ができる管理栄養士を養成します。

基礎から積み上げる専門的知識

 健康や栄養を科学的な根拠に基づいて正しく理解するために、人をとりまく社会や環境、身体の仕組みや調節機能、病気の成り立ち、食品及び調理の特性や栄養素の機能など、専門領域につながる、基盤となる知識を学びます。

生きた知識につながる問題解決に向けた思考判断力

 実験や調査から得られたデータを適切に処理し、論理的に考察するために、これまで学習してきた基礎的知識や新たに収集した適切な情報を統合し、発展的活用を通して、問題解決する手法を学びます。

多職種協働を通して拡がる視点

 専門性を生かして社会貢献できる管理栄養士になるために、個人や地域社会住民の全体的評価から自ら行う栄養管理への支援方法、特定給食施設における食事計画・生産管理を行う方法等の多角的な学習を通して、社会で働く上での自分の役割を踏まえ、多職種協働の重要性を学びます。

人々の健康に貢献できる幅広い実践力

 円滑な人間関係を構築するために対象者への傾聴、受容、共感を体験したり、チームの構成員に自分の意見を述べ相互理解するために事例の発表や討論を行ったりする実践形式の学習を通して、効果的なコミュニケーション手法やプレゼンテーション手法を学びます。

学びの成果

健康、栄養学、関連する諸科学に関する基本的知識が身につきます。
学習した基礎知識や技術、新たに収集した情報を統合し、発展的活用を通して、問題解決に向けた思考判断する力が身につきます。
管理栄養士としての倫理観や職業観を身につけ、チームの一員として活躍できる力が身につきます。
国際的視野を持った管理栄養士として、コニュミケーションやプレゼンテーションができる力が身につきます。