看護学科の紹介

学べること

豊かな教養と看護の専門的知識

 基盤・科学基礎・統合科学の科目を修得することで、豊かな教養と科学的思考の基盤となる力を身につけます。
 さらに、健康問題や看護を科学的根拠に基づいて理解するために、人をとりまく社会や環境、身体の仕組みや機能、病気の成り立ちやそれに関連する科目など、看護の専門領域につながる基盤となる知識を学びます。専門科目では、看護の専門知識を、対象・健康のレベル・看護活動の場の視点等から学びます。

地域で暮らす人の生活と健康に貢献できる看護実践能力

 健康の保持増進・疾病予防を含めた看護師等の基礎教育を実施し、人の健康問題を科学的に捉える力など看護実践に必要な技能・態度を学びます。
 また、対人援助技術などを通して、人への気配りをする姿勢を持ちながら、医療の場だけではなく、地域で暮らす人の生活と健康を支えるための視点と能力を学びます。

他職種と協働する力

 複雑で多様な対象の健康問題に対して効果的なアプローチをするために、看護の専門職として、他の専門職と協力し共に働く能力の重要性を学びます。そのために栄養学科、社会福祉学科と共に学ぶ「ヒューマンケア」科目などの合同開講授業を用意しています。

課題を探求し継続して学習・研究していく力

 専門研究では、自らのテーマに沿って問題解決の方法や課題を探求する姿勢と、さらに卒業後も継続して学び探求し続けるための能動的な自己学習態度を学びます。

学びの成果

豊かな教養と看護の専門的知識が身につきます。
看護の対象を地域(様々な国を含む)で生活している存在として理解できるようになります。
対象の健康問題を解決するための看護ケア力を修得するとともに、専門職として、多職種および地域の人々と協働する力が身につきます。
看護学を発展させていくための論理的思考力、課題探求能力、表現能力、問題解決能力が身につきます。
看護実践に必要な倫理的態度と、生涯にわたり看護実践能力を継続して高めていける能動的な自己学習態度と、看護実践を改革しようとする積極的な態度が身につきます。