3つの方針

3つの方針へ

看護栄養学部の教育研究上の理念・目的

 看護栄養学部は、人間性の尊重を理念として、看護あるいは栄養の専門職としての知識、技術と資格を備え、保健、医療、福祉等にかかわる職種の人々との適切な協働、連携のもとに地域の人々の健康の増進、疾病の予防、療養上の支援のために、その能力を発揮できる人材を育成することを目的とする。

教育目標

 看護栄養学部栄養学科は、生命や人間性を尊重する精神に基づく栄養の専門知識と技能を有するとともに、保健、医療、福祉等の様々な分野の人々との連携のもとに地域の人々の健康増進及び疾病予防並びに療養上の支援ができる人材の育成を目的としている。この目的に基づき、次の具体的な教育目標を挙げる。

1.知識

 本学科では、総合的な視点から、健康や栄養を科学的な根拠に基づいて正しく理解するために、人をとりまく社会や環境、身体の仕組みや調節機能、疾病の成り立ち、食品及び調理の特性や栄養素の機能等、さまざまな学問分野を学習する。学生は、健康や栄養に関連する諸科学に関する基盤となる知識を修得する。

2.技能

 学生は、実験や調査から得られたデータを適切に処理し、論理的に考察するために、学習してきた基礎的知識や新たに収集した適切な情報を統合し、発展的活用を通して、問題解決に向けた思考や判断する力を身につける。

3.倫理観や職業観を身につけチームの一員として活躍する態度

 学生は、専門性を生かして社会貢献できる管理栄養士になるために、個人や地域集団の包括的評価から自律的な栄養管理への支援方法、特定給食施設における食事計画・生産管理を行う方法等の学習を通して、マネジメント能力を習得する。また、社会で働く上での自分の役割を踏まえ、多職種協働のチームの中で貢献できる資質を身につける。

4.国際的視野をもち、相互理解ができる表現力

 学生は、対象者への傾聴、受容、共感を通して円滑な人間関係を構築するためのコミュニケーション力を身につける。また、事例の発表や討論を通して管理栄養士としてチームの構成員に対して自分の意見を述べ、相互理解のために必要なコミュニケーション力とプレゼンテーション力を身につける。さらに、英語によるコミュニケーション力を身につける。

入学後の教育の内容

 本学科では、すでに示した教育目標の達成に向けて、100以上の専門科目を体系的に開設している。卒業のための必修科目だけでなく、各自の興味や関心、さらには将来の進路をみすえて自由に学修計画を立てることができる。

 1年次では、まずキャンパスライフ入門で大学における講義の聴き方、情報収集の方法、レポートの書き方、プレゼンテーションの仕方等々のスタディ・スキルを学ぶ。さらに大学共通の基礎・教養科目を履修することにより、社会と人間に関する幅広い知識を習得する。特に1年次においては、高校までの受け身の学習ではなく、各自の学習目標に向けた自立的・自主的な学びの習慣を身につけることができる。専門科目としては、「人体の構造と機能」「社会・環境と健康」「食べ物と健康」など管理栄養士養成課程の基礎分野を学ぶことになる。

 2年次からは、管理栄養士として求められる態度や倫理観を修得する「管理栄養士基礎演習」をはじめ、専門分野の授業科目「応用栄養学」「栄養教育論」「給食経営管理論」「臨床栄養学」「公衆栄養学」が配置してある。さらに臨地実習(給食経営管理、臨床栄養、公衆栄養)では、現場の管理栄養士の指導のもとで、学内で学んだことと現場で求められる内容を連結させ、即戦力として社会に貢献できる力を身につける。管理栄養士の上にさらに栄養教諭一種免許状を取得したい人は、それに必要な科目を選択することになる。

 4年次に開講される専門研究においては、各教員の研究室に分かれて様々な研究課題に取り組み、専門研究論文の作成を通して4年間の学びの集大成を行う。関連科目には、国家試験対応科目に留まらず、幅広い視点からチームの一員として活躍するための素養を身につけられるよう、充実した選択科目が配置されている。

 学修指導は、1年次には10名程度の学生を受け持つチューター教員が当たる。2年次以降は教員間の緊密なネットワークを駆使し学年チューター教員2名が指導に当たるほか、編入生には教務委員・学生委員が、教職を目指す学生には教職支援チームの教員が重層的に支援する。科目担当教員への質問やチューター教員等への面談は、各研究室前に掲示されているオフィスアワー等を利用できる。また、YPUポータルにおけるコミュニケーション・ボードの活用も可能である。

求める学生像

 本学科では、「食と健康」に興味関心を持ち、栄養学の理論を幅広く理解する基礎的学力があり、現代社会における様々な問題に対して多面的に考察し、自分の意見を論理的にまとめられ、分かりやすく伝えることができる、行動力のある人を求めている。

入学者にあらかじめ身につけておくことを求める能力、適性

知識・理解

 高等学校で基本とされる教科を幅広く学び修得し、理科の知識を充分に有している人。

技能

 課題の内容を理解し、求められた説明や自分の意見を論理的に組み立て、分かりやすく伝えることができる人。

思考・判断・表現

 現代社会における様々な問題に対して多面的に考察し、自分の意見をまとめることができる人。

関心・意欲・態度

 「食と健康」に興味関心を持ち、身に付けた知識・技能を福祉社会の創出のために役立てたいと考えている人。

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

【知識・技能】
高等学校で基本とされる教科を幅広く修得し、理科の知識を充分に有し、それを活用できる基礎技能を備えている人
【思考力・判断力・表現力】
現代社会における様々な問題に対して内容を理解し多面的に考察し、求められた説明や自分の意見を論理的に組み立て、分かりやすく伝えることができる人
【主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度】
「食と健康」に興味関心を持ち、身に付けた知識・技能を福祉社会の創出のために役立てたいと考えている人

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

1)「学位授与方針」に対応した科目群の構成の配置

 学位授与方針達成のため、育成する能力に対応した以下の授業科目をそれぞれの関係性が明確になるよう配置している。基礎教養科目群は、その礎となるものとして必修科目・選択科目を配置している。

①「健康、栄養学、関連する諸科学に関する基本的知識を身につける」
健康や栄養を科学的な根拠に基づいて正しく理解するために、人をとりまく社会や環境、身体の仕組みや調節機能、疾病の成り立ち、食品及び調理の特性や栄養素の機能等、基盤となる知識を身につける科目群を置く。
②「学習した基礎知識や技術の統合・活用を通して、問題解決に向けた思考判断ができる」
実験や調査から得られたデータを適切に処理し、論理的に考察するために、これまで学習してきた基礎的知識や新たに収集した適切な情報を統合し、発展的活用を通して、問題解決に向けた思考判断する力を身につける科目群を置く。
③「管理栄養士としての倫理観や職業観を身につけ、チームの一員として活躍できる」
専門性を生かして社会貢献できる管理栄養士になるために、個人や地域集団の包括的評価から自律的な栄養管理への支援方法、特定給食施設における食事計画・生産管理を行う方法等の学習を通して、マネジメント能力を修得する。また、社会で働く上での自分の役割を踏まえ、多職種協働のチームの中で貢献できる資質を身につける科目群を置く。
④「国際的視野を持った管理栄養士として、コミュニケーションやプレゼンテーションができる」
対象者への傾聴、受容、共感を通して円滑な人間関係を構築するためのコミュニケーション力を身につける。また、事例の発表や討論を通して管理栄養士としてチームの構成員に対して自分の意見を述べ、相互理解のために必要なコミュニケーション力とプレゼンテーション力及び、英語によるコミュニケーション力を身につける科目群を置く。

2)想定した力を身につけるための授業方法

 これらの力を全員が身につけられるよう、栄養学科では、カリキュラムツリーに示したとおり、基礎領域から専門領域への円滑な移行ができる学年配当で構成し、PBLやグループ学習も活用して応用力を身につけさせる工夫をしている。最終的には統合的な科目を配置し、他職種連携の現場を視野に入れた教育展開をしている。

3)成績評価方法、学習評価基準

 成績評価方法・評価基準はそれぞれにシラバスに示したとおりであり、カリキュラムマップに沿って、試験、レポート、プレゼンテーション等を用い、整合性のある成績評価を行っている。また、臨地実習については、予め示した到達目標ごとの実習先評価も加味して、成績評価を行うこととしている。

卒業認定・学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

知識・理解

健康、栄養学、関連する諸科学に関する基本的知識を身につける。

 健康や栄養を科学的な根拠に基づいて正しく理解するために、人をとりまく社会や環境、身体の仕組みや調節機能、疾病の成り立ち、食品及び調理の特性や栄養素の機能等、さまざまな学問分野を学習し、基盤となる知識を身につけます。

思考・判断

学習した基礎知識や技術の統合・活用を通して、問題解決に向けた思考判断ができる。

 実験や調査から得られたデータを適切に処理し、論理的に考察するために、これまで学習してきた基礎的知識や新たに収集した適切な情報を統合し、発展的活用を通して、問題解決に向けた思考判断する力を身につけます。

関心・意欲・態度

管理栄養士としての倫理観や職業観を身につけ、チームの一員として活躍できる。

 専門性を生かして社会貢献できる管理栄養士になるために、個人や地域集団の包括的評価から自律的な栄養管理への支援方法、特定給食施設における食事計画・生産管理を行う方法等の学習を通して、マネジメント能力を習得します。また、社会で働く上での自分の役割を踏まえ、多職種協働のチームの中で貢献できる資質を身につけます。

技能・表現

国際的視野を持った管理栄養士として、コミュニケーションやプレゼンテーションができる。

 対象者への傾聴、受容、共感を通して円滑な人間関係を構築するためのコミュニケーション力を身につけます。また、事例の発表や討論を通して管理栄養士としてチームの構成員に対して自分の意見を述べ、相互理解のために必要なコミュニケーション力とプレゼンテーション力を身につけます。さらに、英語によるコミュニケーション力を身につけます。