カリキュラム

カリキュラムの特色

1年次

 国際文化学部での学びを考える「学部基幹科目」と、文化創造学科での学びに出会う「学科基幹科目」を通じて、これから大学で4年間、学んでゆくためのモティベーションとなる態度を養います。

2年次

 「学科基礎科目」や「展開科目」を通じて、日本文化コースそしてデザイン創造コースでの学びで必要になる基礎的な知識や技術を身につけ、みずからのスキルアップを目指します。

3年次

 よりグレードの高い「展開科目」や「専門演習I・II」など通じて、伝統的な価値を再発見し、また新しい価値をかたちづくる創造力をみがき、それぞれのコースでクリエイティブな取り組みを深めます。

4年次

 4年間の集大成として「卒業演習I・II」に取り組み、これまで身につけたすべての力を駆使して、自分の研究テーマを実現できるよう行動力を発揮し、研究プランをアクティブに実践していきます。

基礎・教養教育

 「教養・教養教育」では全学部・学科の学生が共通して学びます。
 授業を通して、人間性の基盤となる教養や自律的に学修するための方法・技法などを身につけます。

専門教育

授業科目

科目区分 授業科目名
学部基幹科目 異文化交流論、国際関係論、日本文化論、生活文化論
学科基幹科目 文化創造論、地域文化論、芸能文化論、デザイン文化論
学科基礎科目 日本史学概論、日本語学概論、日本文学概論、観光まちづくり論、企画・創造論、デザイン概論、色彩表現論、メディア表現論
演習科目 プレゼンテーション演習、基礎演習Ⅰ・Ⅱ、専門演習Ⅰ・Ⅱ、卒業演習Ⅰ・Ⅱ
展開科目 ≪共通展開≫
図書館概論、日本アジア交流史、民俗文化論、近世文芸論、社会言語学、文芸創作論、工芸制作論、美術史概論、写真概論、映像概論、CG実習、文化創造ワークショップ、観光まちづくり演習、地域文化実習I・II、自由選択セミナーI・II
≪日本文化≫
日本文化実習、日本文学講読Ⅰ~Ⅳ、日本語表現学、現代日本語文法、日本語史、日本語音声学、日本語語彙論、古典芸能論、古典資料論、近代文学資料論、歴史史料論
≪デザイン創造≫
デザインI~Ⅳ、視覚情報論、服飾文化論、装飾表現論、生活道具演習、文化創作演習、サービスデザイン論、サービスデザイン演習、企画デザイン演習、地域デザイン論、地域デザイン実習
関連科目 日本語表記法、日本文学史Ⅰ~Ⅲ、中国文学、中国文学史、図書館情報資源概論、図書館情報技術論、第二言語習得論、Regional Cultural Studies、Customs and Culture in Daily Life、グローバルネットワーク論、グローバルプロジェクト、グローバル語学研修