1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 看護栄養学部
  4. 看護学科

3つの方針

入学者受入方針
教育課程の編成・実施方針
学位授与方針

看護栄養学部の教育研究上の理念・目的

 看護栄養学部は、人間性の尊重を理念として、看護あるいは栄養の専門職としての知識、技術と資格を備え、保健、医療、福祉等にかかわる職種の人々との適切な協働、連携のもとに地域の人々の健康の増進、疾病の予防、療養上の支援のために、その能力を発揮できる人材を育成することを目的とする。

教育目標

 看護栄養学部看護学科は、生命の尊厳と人間性の尊重に基づき、社会の変化に伴う看護ニーズを認識し、保健・医療・福祉従事者の一員として、固有の専門的機能を発揮することのできる能力を養い、社会のさまざまな分野において健康と福祉の向上に寄与できる有為の人材の育成を目的としている。この目的に基づき、次の具体的な教育目標を挙げる。


1. 知識
1)豊かな教養と看護の専門的知識を身につける。
 大学教育で追究する看護実践能力の育成は、人間性と創造性に支えられている。それらの能力を育むためには、幅広く豊かな教養を身につけた人として成長するとともに、看護学及び関連諸科学について広く学び、看護の本質と機能を理解することが、学士を有する看護専門職としての役割や責務を遂行する上での基盤となる。

2)生命の尊厳と人間性の尊重に基づいて、対象に関心を持つ。また、看護の対象を地域(様々な国を含む)で生活している存在として理解する。
 看護の対象となる人に対して、生命の尊厳と人間性の尊重を大切にできる高い倫理観に基づいて関心を持つことは、看護が人に直接かかわる職業である上で、欠かせない能力の一つである。また、看護の対象は、様々な地域や国、文化に暮らすあらゆるライフステージ、健康・疾病・障がい・末期などのさまざまな健康レベルにある人々が対象となる。その看護の対象となる人が、今いる場だけではなく、地域の中で生活している存在であるという幅広い視野のもとで理解することは、対象が真に必要とする看護を提供することにつながる。

2. 思考・判断・表現
 よりよい看護を実践し、看護学を発展させていくための論理的思考力、課題探求能力、表現能力、問題解決能力を身につける。
 学士課程においては、思考力と創造性を養い、将来高度な専門職業人としての看護実践者または看護学研究者となるための基礎的能力を培うことをめざしている。また、看護専門職としては、未知の課題に対して、自ら幅広く多様な情報を収集し、創造的・積極的にその解決に向けて取り組むことが求められている。ここにあげた能力はいずれも、看護実践を行う場面における思考・判断のための能力にとどまらず、看護学固有の課題を追求し、看護実践を改革し、看護学を発展させていくための能力を指している。

3. 技能
 豊かなコミュニケーション能力と対人援助技術を通して人間関係形成能力を身につけ、対象の健康問題を解決するための看護ケア力を修得する。また、専門職として、多職種および地域の人々と協働する力を身につける。
 看護実践は、看護者と対象者との人間関係性を基盤にして行われる。その関係性の構築には、人間関係を形成する能力、つまり対象とのコミュニケーション能力や対人援助技術の修得は不可欠である。さらに、対象の健康問題を対象とともに解決するため、あるいは対象が持っている力を引き出すために、科学的根拠をもとに、的確に査定する能力と、専門的技術でもって、対象に効果的にケア提供する能力を修得することを目指している。
 また、複雑で多様な対象の健康問題に対して効果的にアプローチするために、専門職として学際的に多職種と連携し、社会資源として地域の人々とも協働できる能力を身につけておくことが求められている。

4. 態度
 看護実践に必要な倫理的態度を身につける。さらに、生涯にわたり看護実践能力を継続して高めていける能動的な自己学習態度と、看護実践を改革しようとする積極的な態度を身につける。
 看護が、人間のいのちや身体やこころに直接関わる職業であることから、他者の苦痛に対する理解と気遣いを含めた豊かな倫理的感受性と判断および態度を持つことは欠かせない能力の一つである。
 また、看護者は日々変化する社会と進歩する医療に伴い、生涯にわたって自律的に研鑽を積み、自らの看護実践能力を向上させ、より質の高い看護を模索するとともに、その方向へ看護実践を変革していく必要性を認識し変革する方法を身につけておくことが求められている。

入学後の教育の内容

 本学科では、すでに示した教育目標の達成に向けて、80以上の専門科目を体系的に開設している。必修科目だけでなく、各自の関心や目指す専門分野を追究する学修計画を立てることができる。

 基礎教養科目群は、豊かな教養を身につけるために、主に1年次から2年次にかけて基盤科目群・科学基礎科目群から22単位、統合科学科目群から6単位、合計28単位の、主に講義形式を中心とした科目を履修する。

 学部共通科目における「ヒューマンケア入門」、「ヒューマンケアチームアプローチ演習」科目は、主に、専門職として、関連する職種の理解、多職種および地域の人々と協働・連携する力を身につけるために、栄養学科や社会福祉学部の学生とともに演習形式の授業を4単位修得する。
 学部共通科目における「文献講読」、「専門研究Ⅰ・Ⅱ」科目は、よりよい看護を実践し、看護学を発展させていくための論理的思考力、課題探求能力、表現能力、問題解決能力を身につけるために、少人数の演習(ゼミ)形式の授業を6単位修得する。

 専門基礎科目は、看護の専門的知識の基礎(人のからだと行動の仕組み、病態生理と治療、ひとの生活と社会)を理解するために、講義形式の授業を18単位、演習形式の授業8単位を履修する。

 基幹科目は、看護学の基礎となる知識の理解をするために、講義形式の授業を4単位、演習形式の授業2単位を履修する。

 展開科目は、様々な看護の対象、および場での看護展開を理解し、よりよい看護を実践し、看護学を発展させていくための論理的思考力、課題探求能力、表現能力、問題解決能力を身につけるために、講義形式の授業を21単位、演習形式の授業4単位を履修する。

 技術実習では、豊かなコミュニケーション能力と対人援助技術を通して人間関係形成能力を身につけ、対象の健康問題を解決するための看護ケア力を修得するために、学内における演習形式の授業8単位を履修する。

 臨地実習では、受持患者を通して、学内で培ったコミュニケーション能力、人間関係形成能力を用いて実際に看護実践を行うことを通じて看護ケア力を高め、倫理的態度、自己学習態度、看護実践を改革しようとする積極的な態度を身につけるために、実習病院や地域などの臨地において、実習形式の授業23単位を履修する。

 関連科目は、既習の看護学の知識を更に発展させ、幅広い視野に立った看護が実践できるための知識、思考判断、態度を学ぶために、講義・演習形式の授業11単位の中から2科目を履修する。

求める学生像

 本学科では、看護の理論や実践を幅広く理解する基礎的学力があり、看護を実践する能力として他者に関心を持ち、人と関わることが好きで、責任性や協調性の態度を備え、前向きに努力する人を求めている。

入学者にあらかじめ身につけておくことを求める能力、適性

知識・理解
 高等学校の卒業に必要な単位を修得済みか、修得する見込みであり、看護学を学ぶうえで必要となる幅広い基礎学力を有している人。特に、看護学を学ぶために必要な日本語の力(語彙力、読解力、文章構成力)と、海外の文献を読むための基礎となる基本的な英語の力がある人。

技能
 さまざまな健康レベル・年代・文化にある人に対して関心を持ち、人と関わることが好きで、さらには良好な人間関係を構築し協働できる素地がある人。

思考・判断・表現
 人をとりまく様々な現象に疑問を持ち、主体的に調べて、事実をもとに自分の意見をまとめて文章や口頭で表現できる人。

関心・意欲・態度
 看護職に強く求められている社会性、協調性、柔軟性、責任感がある人。また、看護学に関する興味・関心があり、人々の健康課題を通して保健医療福祉のために貢献したいという熱意を持ち、目標を定めて前向きに努力できる積極的な態度を有している人。

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

【知識・技能】
・高等学校の卒業に必要な単位を修得済みか、修得する見込みであり、看護学を学ぶうえで必要となる幅広い基礎学力を有している人

・看護学を学ぶために必要な日本語の力(語彙力、読解力、文章構成力)と、海外の文献を読むための基礎となる基本的な英語の力がある人

・さまざまな健康レベル・年代・文化にある人に対して関心を持ち、人と関わることが好きで、さらには良好な人間関係を構築し協働できる基礎的な力がある人

【思考力・判断力・表現力】
・人をとりまく様々な現象に疑問を持ち、主体的に調べて、事実をもとに自分の意見をまとめて文章や口頭で表現できる人

【主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度】
・看護職に強く求められている社会性、協調性、柔軟性、責任感がある人

・看護学に関する興味・関心があり、人々の健康課題を通して保健医療福祉のために貢献したいという熱意を持ち、目標を定めて前向きに努力できる積極的な態度を有している人

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

○基礎教養科目群
 豊かな教養を身につけるために、主に1年次から2年次にかけて基礎科目群から14単位、科学基礎科目群から8単位、総合科学科目群から6単位、合計28単位の、主に講義形式を中心とした科目を履修する(DP1)。評価は主にレポートや学期末試験を用いる。

○学部共通科目
 「ヒューマンケア入門」、「ヒューマンケアチームアプローチ演習」科目は、主に、専門職として、関連する職種の理解、多職種および地域の人々と協働・連携する力を身につけるために、栄養学科や社会福祉学部の学生とともに演習形式の授業を4単位修得する(DP4)。評価は授業態度、自主学習態度、プレゼンテーションを用いる。
 「文献講読」、「専門研究Ⅰ・Ⅱ」科目は、よりよい看護を実践し、看護学を発展させていくための論理的思考力、課題探求能力、表現能力、問題解決能力を身につけるために、少人数の演習(ゼミ)形式の授業を6単位修得する(DP3)。評価は授業態度、自主学習態度、レポート、プレゼンテーションなどを用いる。

○専門基礎科目
 看護の専門的知識の基礎(人のからだと行動の仕組み、病態生理と治療、ひとの生活と社会)を理解するために、講義形式の授業を18単位、演習形式の授業8単位を履修する(DP1)。評価は主にレポートや学期末試験を用いる。

○基幹科目
 看護学の基礎となる知識の理解をするために、講義形式の授業を4単位、演習形式の授業2単位を履修する。(DP1、2)。評価は主にレポートや学期末試験を用いる。

○展開科目
 様々な看護の対象、および場での看護展開を理解し、よりよい看護を実践し、看護学を発展させていくための論理的思考力、課題探求能力、表現能力、問題解決能力を身につけるために、講義形式の授業を21単位、演習形式の授業4単位を履修する(DP2、3)。評価はレポート、学期末試験、プレゼンテーション、自主学習態度などを用いる。

○技術実習
 豊かなコミュニケーション能力と対人援助技術を通して人間関係形成能力を身につけ、対象の健康問題を解決するための看護ケア力を修得するために、学内における演習形式の授業8単位を修得する(DP4)。評価はレポート、学期末試験、技術チェック、プレゼンテーションなどを用いる。

○臨地実習
 学内で培ったコミュニケーション能力、人間関係形成能力を用いて実際に看護実践を行うことを通じて看護ケア力を高め、倫理的態度、自己学習態度、看護実践を改革しようとする積極的な態度を身につけるために、実習病院や地域などの臨地において、実習形式の授業23単位を修得する(DP4、5)。評価は、実習態度、自主学習態度、レポート、プレゼンテーションなどを用いる。

○関連科目
 既習の看護学の知識を更に発展させ、幅広い視野に立った看護が実践できるための知識、思考判断、態度を学ぶために、2科目以上履修する(DP1~3)。評価は主にレポートや学期末試験を用いる。

卒業認定・学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

【知識・理解】
 豊かな教養と看護の専門的知識を身につける。
 大学教育で追究する看護実践能力の育成は、人間性と創造性に支えられています。それらの能力を育むためには、幅広く豊かな教養を身につけた人として成長するとともに、看護学及び関連諸科学について広く学び、看護の本質と機能を理解することが、学士を有する看護専門職としての役割や責務を遂行する上での基盤となります。

【知識・理解】
 生命の尊厳と人間性の尊重に基づいて、対象に関心を持つ。また、看護の対象を地域(様々な国を含む)で生活している存在として理解する。
 看護の対象となる人に対して、生命の尊厳と人間性の尊重を大切にできる高い倫理観に基づいて関心を持つことは、看護が人に直接かかわる職業である上で、欠かせない能力の一つであります。また、看護の対象は、様々な地域や国、文化に暮らすあらゆるライフステージ、健康・疾病・障がい・末期などのさまざまな健康レベルにある人々が対象となります。その看護の対象となる人が、今いる場だけではなく、地域の中で生活している存在であるという幅広い視野のもとで理解することは、対象が真に必要とする看護を提供することにつながります。

【思考・判断・表現】
 よりよい看護を実践し、看護学を発展させていくための論理的思考力、課題探求能力、表現能力、問題解決能力を身につける。
 学士課程においては、思考力と創造性を養い、将来高度な専門職業人としての看護実践者または看護学研究者となるための基礎的能力を培うことをめざしています。また、看護専門職としては、未知の課題に対して、自ら幅広く多様な情報を収集し、創造的・積極的にその解決に向けて取り組むことが求められています。ここにあげた能力はいずれも、看護実践を行う場面における思考・判断のための能力にとどまらず、看護学固有の課題を追求し、看護実践を改革し、看護学を発展させていくための能力を指しています。

【技能】
 豊かなコミュニケーション能力と対人援助技術を通して人間関係形成能力を身につけ、対象の健康問題を解決するための看護ケア力を修得する。また、専門職として、多職種および地域の人々と協働する力を身につける。
 看護実践は、看護者と対象者との人間関係性を基盤にして行われます。その関係性の構築には、人間関係を形成する能力、つまり対象とのコミュニケーション能力や対人援助技術の修得は不可欠であります。さらに、対象の健康問題を対象とともに解決するため、あるいは対象が持っている力を引き出すために、科学的根拠をもとに、的確に査定する能力と、専門的技術でもって、対象に効果的にケア提供する能力を修得することを目指しています。
 また、複雑で多様な対象の健康問題に対して効果的にアプローチするために、専門職として学際的に多職種と連携し、社会資源として地域の人々とも協働できる能力を身につけておくことが求められています。

【態度】
 看護実践に必要な倫理的態度を身につける。さらに、生涯にわたり看護実践能力を継続して高めていける能動的な自己学習態度と、看護実践を改革しようとする積極的な態度を身につける。
 看護が、人間のいのちや身体やこころに直接関わる職業であることから、他者の苦痛に対する理解と気遣いを含めた豊かな倫理的感受性と判断および態度を持つことは欠かせない能力の一つであります。
 また、看護者は日々変化する社会と進歩する医療に伴い、生涯にわたって自律的に研鑽を積み、自らの看護実践能力を向上させ、より質の高い看護を模索するとともに、その方向へ看護実践を変革していく必要性を認識し変革する方法を身につけておくことが求められています。

▲ページトップへ

  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube