1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 看護栄養学部
  4. 看護学科

学びのポイント

学べること

豊かな教養と看護の専門的知識
 基盤・科学基礎・統合科学の科目を修得することで、豊かな教養と科学的思考の基盤となる力を身につけます。
 さらに、健康問題や看護を科学的根拠に基づいて理解するために、人をとりまく社会や環境、身体の仕組みや機能、病気の成り立ちやそれに関連する科目など、看護の専門領域につながる基盤となる知識を学びます。専門科目では、看護の専門知識を、対象・健康のレベル・看護活動の場の視点等から学びます。

地域で暮らす人の生活と健康に貢献できる看護実践能力
 健康の保持増進・疾病予防を含めた看護師等の基礎教育を実施し、人の健康問題を科学的に捉える力など看護実践に必要な技能・態度を学びます。
 また、対人援助技術などを通して、人への気配りをする姿勢を持ちながら、医療の場だけではなく、地域で暮らす人の生活と健康を支えるための視点と能力を学びます。

他職種と協働する力
 複雑で多様な対象の健康問題に対して効果的なアプローチをするために、看護の専門職として、他の専門職と協力し共に働く能力の重要性を学びます。そのために栄養学科、社会福祉学科と共に学ぶ「ヒューマンケア」科目などの合同開講授業を用意しています。

課題を探求し継続して学習・研究していく力
 専門研究では、自らのテーマに沿って問題解決の方法や課題を探求する姿勢と、さらに卒業後も継続して学び探求し続けるための能動的な自己学習態度を学びます。

学びの成果

  • 豊かな教養と看護の専門的知識が身につきます。
  • 看護の対象を地域(様々な国を含む)で生活している存在として理解できるようになります。
  • 対象の健康問題を解決するための看護ケア力を修得するとともに、専門職として、多職種および地域の人々と協働する力が身につきます。
  • 看護学を発展させていくための論理的思考力、課題探求能力、表現能力、問題解決能力が身につきます。
  • 看護実践に必要な倫理的態度と、生涯にわたり看護実践能力を継続して高めていける能動的な自己学習態度と、看護実践を改革しようとする積極的な態度が身につきます。

学科長からのメッセージ

 看護学科では平成27年度から質の高い学士課程教育の実現に向けて、新たに3つの方針を策定しました。3つの方針とは、入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)、教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)、学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)のことです。看護学科で特に注目していただきたいのが学位授与方針(いわゆる卒業時に学生がどのような力をつけて卒業するのか、卒業時の到達目標を示しているもの)です。

 この方針の中に「生涯にわたり看護実践能力を継続して高めていける能動的な自己学習態度を身につける」というものがあります。この態度を身につけることによって、自己教育力を高めることができます。自己教育力は日々変化する社会と進歩する医療に伴い、生涯にわたって学んでいかなければならない看護職を目指す学生にとって非常に重要な能力の一つです。直接的な教員の支援が得られなくなる卒業後も、学生たちを内側から支えていく力になると考えています。

 では、どのようにしたら、「能動的な自己学習態度」を身につけることができるのでしょうか。「能動的な自己学習態度」とは、高校までの学習のように、授業で「覚えましょう」と言われたもののみ覚え、「これは宿題です」と言われたものだけを授業外で学習する、といった学習態度ではなく、自らが自分に必要なことを見極め、主体的に学んでいく態度のことを指します。この態度を身につけるキーワードは「ワクワク感」だと思います。自分で知りたいことをわかろうとする時の、あるいはわかった時のあのワクワク感です(みなさんにも経験があると思いますが、ある事柄が知りたくてネット検索をしている時、自分の好きな本や漫画を読んでいる時、気分も高揚してワクワクしますよね)。

 大学の学びにおいてこのワクワク感を生じさせるにはちょっとしたコツが必要です。それは、「わかる努力をする」ということです。大学の授業は高校までのようにみなさんの理解力に合った内容ばかりではありません。時には授業を一度聞いただけではわからないことも多いと思います。その時、「『どこがわからないのか』ということがわかり、『わからないときにどうすればよいのか(教員や友だちに聞くとか本で調べるとか)』がわかっている」ことが大切です(簡単なことのようですが、ある事柄がわからない時、何がわからないのか説明できない人は多いものです)。このようなほんの少し努力の結果、「知識が不十分である」ことがわかった時、私たちの知的好奇心は刺激され、ワクワク感を感じながら、大学での学びを深めていくことができるのだと思います。「知的好奇心(中公新書)」という有名な本の中で、このタイプの好奇心は「特殊的好奇心」といわれ、知識を深め、首尾一貫したものにしていくうえで非常に重要であると書かれています。

 看護職は暮らしの中から生まれた専門職だと言われています。看護学を学ぶことはあなたの生活を間違いなく豊かにします。看護学科には「わかる努力をする」だけの価値がある学習内容がそろっています。山口県立大学でワクワクしながら共に看護学を学んでみませんか?

看護学科 学科長 丹 佳子

▲ページトップへ

  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube