1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 看護栄養学部
  4. 看護学科

カリキュラム

カリキュラムの特色

≪1年次≫
 人体の構造の理解や疾病の理解、対人援助の技術等を学び、看護学を理解するための基礎を学習していきます。そして、はじめての病院等での臨地実習が始まります。

≪2年次≫
 成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、在宅看護学、公衆衛生看護学などの各看護専門領域における看護の基本的な学習と援助方法を学習します。

≪3年次≫
 各看護専門領域での学習をさらに深めていきます。成人看護学、老年看護学の看護専門領域における病院等での臨地実習も始まり、看護実践能力を養っていきます。

≪4年次≫
 小児看護学、母性看護学、在宅看護学、精神看護学の各看護専門領域における病院等での臨地実習を行います。1年間研究に取り組み、その成果を卒業論文として作り上げます。

基礎・教養教育

「教養・教養教育」では全学部・学科の学生が共通して学びます。
授業を通して、人間性の基盤となる教養や自律的に学修するための方法・技法などを身につけます。
基礎・教養教育

専門教育

授業科目(一例)

 
科目区分授業科目名
学部共通科目 ヒューマンケア入門、文献講読、ヒューマンケアチームアプローチ演習、専門研究Ⅰ・Ⅱ
専門基礎科目 生化学、人間行動科学、人体構造機能学Ⅰ・Ⅱ、健康体力科学、人間発達学、医療と安全、病理学、微生物学、公衆衛生学、社会福祉学、基礎栄養学、臨床病態学Ⅰ・Ⅱ、心の健康科学、リハビリテーション論、精神保健学、家族社会学、薬理学、疫学(※)、保健医療福祉システム論、臨床栄養学、保健行政論(※)
基幹科目 看護学原論Ⅰ・Ⅱ、対人援助技術論、看護技術論、看護倫理、エンドオブライフケア論
展開科目 成人看護学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、老年看護学Ⅰ・Ⅱ、小児看護学Ⅰ・Ⅱ、母性看護学Ⅰ・Ⅱ、公衆衛生看護学Ⅰ・Ⅱ、在宅看護論Ⅰ・Ⅱ、家族看護論Ⅰ、国際看護論、精神看護学、地域診断論(※)、公衆衛生看護技術論(※)、看護マネジメント論、医療事情、公衆衛生看護管理論(※)
技術実習 アセスメント技術、基礎看護技術Ⅰ・Ⅱ、看護過程、臨床看護技術Ⅰ・Ⅱ、カウンセリング・ケースワーク、健康教育・保健指導技術、公衆衛生看護技術(※)
臨地実習 基礎看護学実習Ⅰ~Ⅲ、成人看護学実習Ⅰ・Ⅱ、老年看護学実習、公衆衛生看護学実習Ⅰ(※)、地域生活支援実習(※)、小児看護学実習、母性看護学実習、精神看護学実習、在宅看護論実習、看護学統合実習、公衆衛生看護学実習Ⅱ(※)
関連科目 家族看護論Ⅱ、学校保健、養護概説Ⅰ・Ⅱ、看護診断、看護教育論、看護組織論、高齢者ケア論、発達障害ケア論、地域ケア論
補習科目 基礎化学、基礎生物学、看護学のまとめⅠ、看護学のまとめⅡ(※)
養護教諭一種 養護実習事前事後指導、養護実習、教職実践演習(養護教諭)
(※)保健師国家試験受験資格取得のための科目です。

▲ページトップへ

  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube