1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 社会福祉学部

3つの方針

入学者受入方針
教育課程の編成・実施方針
学位授与方針

教育目標

 社会福祉学部社会福祉学科は、地域社会における多様な福祉ニーズに対応できる広い視野と専門知識を有するとともに、福祉に関する問題解決に向けた実践力を兼ね備えた人材の育成を目的としている。この目的に基づき、次の具体的な教育目標を挙げる。


1. 知識
 本学科では、総合的な視点から、現代の多様化・複雑化する日常生活の現実や、そこでの福祉ニーズを捉えるために、社会福祉学の専門的知識の積み上げをめざす。この積み上げは、大学教育の基礎をなす教養の涵養、および人間、家族、社会に関わる人文・社会科学関連の広範な基礎知識の修得を基盤にしているので、学生は、福祉社会に生きる一市民として、そしてソーシャルワーカーとしての、足場となる確かな知識を修得する。

2. 技能
 社会福祉の営みは、人と人との関係の上に成り立つ。コミュニケーションは、人と人との関係をつくりだすために不可欠のものである。学生は、学修した知識を活用して、人や地域が抱える課題を的確に捉え、人と人との関係を紡ぎながら、新たな福祉を構想する論理的思考力に、それを達成するための方法論を結びつけ、<人々がその人らしい暮らし>を実現する技能を修得する。

3. 自分をみつめ周囲をみつめる態度
 学生は、福祉社会に生きる一市民として自ら考え、判断できるように、本学科の学修課程、あるいはボランティア活動やサークル活動を通して、自分以外の他者の存在を受け入れ、その想いを受け止め、また、地域社会に対しても深い関心を寄せ、受容と共感的態度をもってかかわるという人間性の尊重を軸に、自分を見つめながら人や現実から学ぶ態度・姿勢を身につける。

4. 命を尊重する権利擁護の姿勢
 学生は、すべての人が生まれながらにもっている基本的人権に対する確固とした認識をもち、人間愛と豊かな感性に基づいて、あたりまえの権利が侵害されたり、脅かされたりしやすい状況にある人々の、<生活者としての権利>を護るために何をすべきか考え、行動に移すことのできる人権感覚を身につける。福祉社会に生きる一市民としての人権感覚を常に磨き、人権と社会正義の原理をゆるぎないよりどころとして、行動できる力を身につける。

5.総合的視点
 他者へと開かれた構え・姿勢のもと、コミュニケーションヘの志向をもち、身につけた豊かな知識と確かな福祉技能を、人と人との関係のなかで実際に動かすには、自らの頭で考えつつも、その考えを自ら冷静に省察し、みつめる力が必要になる。学生は、人と人との関わりのなかで、自らの知識や技能を駆使して、自ら考え行動することのできる資質を身につけ、生涯にわたって自己研鑽し、人間的成長をはかっていく力を身につける。多様な生き方や志向、価値観を有する人々とともに連帯、協働しながら、人々の命やこころ、くらしが尊重される福祉社会に貢献できる力を修得する。

入学後の教育の内容

 本学科では、すでに示した教育目標の達成に向けて、100以上の専門科目を体系的に開設している。卒業のための必修科目だけでなく、各自の興味や関心、さらには将来の進路をみすえて自由に学修計画を立てることができる。

 1年次では、まず「キャンパスライフ入門」並びに「基礎演習」で大学における講義の聴き方、情報収集の方法、レポートの書き方、プレゼンテーションの仕方等々のスタディ・スキルを学ぶ。さらに大学共通の基礎・教養科目を履修することにより、社会福祉の基盤となる社会と人間に関する幅広い知識を習得する。特に1年次においては、高校までの受け身の学習ではなく、各自の学習目標に向けた自立的・自主的な学びの習慣を身につけることができる。専門科目としては、本学の特徴的な科目である「福祉文化論」を学び、後期には「ソーシャルワーク論Ⅰ・Ⅱ」など具体的な福祉の分野論を学ぶことになる。

 2年次からは、学部基幹科目を中心として専門基礎科目・展開科目・関連科目等のカテゴリーからなる多彩な専門科目が開設されている。これらは社会福祉の理論と実践について学ぶ科目群で、その中から各自が学びたい科目を選択し、自分の学修計画をたてることとなる。例えば、社会福祉士の国家試験受験資格をベースに高等学校(福祉)や特別支援学校の教諭を目指す人は、そのために必要な教職科目等を、あるいは社会福祉士の上にさらに精神保健福祉士の国家試験受験資格を取得したい人は、それに必要な科目を選択することになる。様々な科目を選択履修する過程で、各自の知的好奇心を深めるとともに、徐々に自分の目指すソーシャルワーカー像をつかむ。2~4年次で展開される一連の「ソーシャルワーク演習」ならびに「ソーシャルワーク実習」は、本学科が重要視している体験学習の機会である。学内における模擬体験や地域の人々との共同企画プログラムに参加しグループ学習に取り組むほか、夏休みや春休みには福祉の現場へ配属され、ソーシャルワーカーの仕事を実際に体験する。

 3年次から4年次に開講される専門演習においては、各教員の研究室に分かれてゼミナール形式のグループ学習をしつつ、演習論文の作成を通して4年間の学びの集大成を行う。展開科目や関連科目には、国家試験科目に留まらず社会福祉学を追究するために充実した選択科目が配置されている。

 学修指導には、主として学年毎に10名程度の学生を受け持つチューター教員が当たる。さらに、編入生には教務委員・学生委員が、障害学生には障害学生対策委員の教員が重層的に支援する。科目担当教員への質問やチューター教員等への面談は、各研究室前に掲示されているオフィスアワー等を利用し、また、YPUポータルにおけるコミュニケーション・ボードの活用も可能である。

求める学生像

 本学科では、福祉の理論を幅広く理解する基礎的学力があり、福祉を実践する能力の基礎としての他者への共感性や思いやりの態度を備え、ボランティア活動などの社会的活動に強い意欲や熱意を持ち、活力ある福祉社会の実現を求めて、ともに語らい、ともに学び、ともに行動できることを求めている。

入学者に予め身につけておくことを求める能力、適性

知識・理解
 総合的な視点から社会福祉を幅広く理解するための基礎的な知識や学力を備えている人。

技能
 福祉を実践する技能の基礎として、社会状況を読み解く資質や、さまざまな人との関係を構築できるコミュニケーションの資質等を備えている人。

思考・判断・表現
 活力ある福祉社会の実現を求めて、自ら考え、表現でき、ともに語らう資質がある人。

関心・意欲・態度
 人間や社会に関心をもち、他者への想像力や共感性を働かせながら、活力ある福祉社会の実現を求めて、積極的に学ぶ意欲がある人。

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

【知識・技能】
・総合的な視点から社会福祉を幅広く理解するための基礎的な知識や学力を備えている人

・福祉を実践する技能の基礎として、社会状況を読み解く資質や、さまざまな人との関係を構築できるコミュニケーションの資質等を備えている人

【思考力・判断力・表現力】
・活力ある福祉社会の実現を求めて、みずから考え、表現でき、ともに語らう資質がある人

【主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度】
・人間や社会に関心をもち、他者への想像力や共感性を働かせながら、活力ある福祉社会の実現を求めて、積極的に学ぶ意欲がある人

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

○基礎教養科目群は、本学科における専門科目群の学修の基礎を築き、幅広い教養を身につけるために配置している。

○専門基礎科目
 社会福祉学を修得するために必要な人間と社会の理解に関する基礎的な知識を修得し、地域の多様な福祉課題を広い視野から多角的、多面的に把握し、理解するとともに、その解決策を構想し、実践するために必要な人間、家族、社会に関する高度で専門的な知識を身につける(DP1)ことを目指す科目である。
 方法は、主に講義を中心として授業を実施する。
 到達度評価には、主に授業態度、学期末試験、レポート等を用いる。

○基幹科目
 社会福祉学の基幹となる価値、知識、技術を修得するための科目群で、すべて必修科目である。現代社会に生きる一市民として自律的かつ洞察的な判断ができるとともに、自分自身について、また自分と他者・社会との関係について深い理解をし、人と人との関わりを紡いでいくことのできるしなやかな構え・態度を身につける(DP3)ことを目指す科目である。
 方法は、主に講義を中心として授業を実施する。
 到達度評価には、主に授業態度、学期末試験、レポート等を用いる。

○展開科目
 基幹科目を具体的に展開していく専門教育科目群で、「福祉理論」、「福祉分野」、「福祉援助技術」および「演習」の4領域から構成されている。一市民としての人権感覚を常に磨き、人命・人権の尊重、社会正義の原理をゆるぎないよりどころとする倫理観と行動力を身につけること(DP4)、そして、生涯にわたる人間の福祉を願いつつ、共に生きることのできる社会を実現するために、自己の成長をはかり、私たちの未来を拓くことのできる創造的な実践的資質を身につけること(DP5)を目指す科目である。
 方法は、主に講義や演習、臨地実習を中心に授業を実施する。また、「演習」では、演習論文執筆など研究指導等も実施する。
 到達度評価には、主に授業態度、学期末試験、レポート等を用いる。なお、臨地実習を含む「福祉援助技術」の到達度評価には、授業態度、自主学習態度、プレゼンテーション、レポートなどを用いる。
 また、演習論文作成を含む「演習」の到達度評価には、主に授業態度、自主学習態度、レポート、プレゼンテーション等を用いる。

○関連科目
 基幹科目および展開科目を補完する関連領域に関する知識、技術を修得するとともに、福祉に関する幅広い教養を涵養するための科目群である。卒業後の進路選択も考慮に入れながら、原則として2年次から4年次までの間に履修する。人間関係形成のためのコミュニケーション力を養い、人々の持てる力を引き出すことができるよう、人や環境に働きかけて課題を解決できる思考力と技術を身につける(DP2)ことを目指す科目である。
 方法は、主に講義や演習を中心として授業を実施する。
 到達度評価には、主に授業態度、学期末試験、レポート等を用いる。

 これらの各科目が、講義と演習、臨地実習を通じて結びついていく教育課程を編成・実施している。

卒業認定・学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

【知識】
 地域の多様な福祉課題を広い視野から多角的、多面的に把握し、理解するとともに、その解決策を構想し、実践するために必要な人間、家族、社会に関する高度で専門的な知識を身につけている。
 本学科では、総合的な視点から、現代の多様化・複雑化する日常生活の現実や、そこでの福祉ニーズを捉えるために、社会福祉学の専門的知識の積み上げをめざします。この積み上げは、大学教育の基礎をなす教養の涵養、および人間、家族、社会に関わる人文・社会科学関連の広範な基礎知識の修得を基盤にしているので、学生は、福祉社会に生きる一市民として、そしてソーシャルワーカーとしての、足場となる確かな知識を修得します。

【技能】
 人間関係形成のためのコミュニケーション力を養い、人々の持てる力を引き出すことができるよう、人や環境に働きかけて課題を解決できる思考力と技術を身につけている。
 社会福祉の営みは、人と人との関係の上に成り立ちます。コミュニケーションは、人と人との関係をつくりだすために不可欠のものです。学生は、学修した知識を活用して、人や地域が抱える課題を的確に捉え、人と人との関係を紡ぎながら、新たな福祉を構想する論理的思考力に、それを達成するための方法論を結びつけ、<人々がその人らしい暮らし>を実現する技能を修得します。

【自分をみつめ周囲をみつめる態度】
 現代社会に生きる一市民として自律的かつ洞察的な判断ができるとともに、自分自身について、また自分と他者・社会との関係について深く理解し、人と人との関わりを紡いでいくことのできるしなやかな構え・態度を身につけている。
 学生は、福祉社会に生きる一市民として自ら考え、判断できるように、本学科の学修課程、あるいはボランティア活動やサークル活動を通して、自分以外の他者の存在を受け入れ、その想いを受け止め、また、地域社会に対しても深い関心を寄せ、受容と共感的態度をもってかかわるという人間性の尊重を軸に、自分を見つめながら人や現実から学ぶ態度・姿勢を身につけます。

【命を尊重する権利擁護の姿勢】
 一市民としての人権感覚を常に磨き、人命・人権の尊重、社会正義の原理をゆるぎないよりどころとする倫理観と行動力を身につけている。
 学生は、すべての人が生まれながらにもっている基本的人権に対する確固とした認識をもち、人間愛と豊かな感性に基づいて、あたりまえの権利が侵害されたり、脅かされたりしやすい状況にある人々の、<生活者としての権利>を護るために何をすべきか考え、行動に移すことのできる人権感覚を身につけます。福祉社会に生きる一市民としての人権感覚を常に磨き、人権と社会正義の原理をゆるぎないよりどころとして、行動できる力を身につけます。

【総合的視点】
 生涯にわたる人間の福祉を願いつつ、共に生きることのできる社会を実現するために、自己の成長をはかり、私たちの未来を拓くことのできる創造的な実践的資質を身につけている。
 他者へと開かれた構え・姿勢のもと、コミュニケーションヘの志向をもち、身につけた豊かな知識と確かな福祉技能を、人と人との関係のなかで実際に動かすには、自らの頭で考えつつも、その考えを自ら冷静に省察し、みつめる力が必要です。学生は、人と人との関わりのなかで、自らの知識や技能を駆使して、自ら考え行動することのできる資質を身につけ、生涯にわたって自己研鑽し、人間的成長をはかっていく力を身につけます。多様な生き方や志向、価値観を有する人々とともに連帯、協働しながら、人々の命やこころ、くらしが尊重される福祉社会に貢献できる力を修得します。

▲ページトップへ

  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • 社会福祉学部卒業生専用
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube