1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 社会福祉学部

カリキュラム

カリキュラムの特色

≪1年次≫
 最初に、良識ある市民として身につけるべき学問を学びます。

≪2年次≫
 講義やグループ学習、体験的な学習を通じて、社会福祉に関する現状を理解するとともに、専門知識を学びます。

≪3年次≫
 社会福祉の実践現場における実習を通じて、知識や技能の理解を深め、ソーシャルワークを体験的に学びます。

≪4年次≫
 これまでの学びをもとに、自ら福祉課題を設定し、その課題への取り組みを卒業研究としてまとめます。

基礎・教養教育

「教養・教養教育」では全学部・学科の学生が共通して学びます。
授業を通して、人間性の基盤となる教養や自律的に学修するための方法・技法などを身につけます。
基礎・教養教育

専門科目群

授業科目(一例)

 
科目区分授業科目名
専門基礎科目 精神医学Ⅰ・Ⅱ、社会学原論、社会福祉調査、社会保障論Ⅰ・Ⅱ、精神保健学Ⅰ・Ⅱ、行政法、民法Ⅱ、福祉統計
臨床心理学Ⅰ・Ⅱ、発達心理学Ⅰ・Ⅱ、民法Ⅰ、医学一般
基幹科目 福祉文化論、ソーシャルワーク論Ⅰ・Ⅱ、社会福祉原論Ⅰ・Ⅱ、人間論
展開科目 ≪福祉理論≫
福祉行財政論、ソーシャルワーク論Ⅲ~Ⅵ、介護福祉論、就労支援論、精神科ソーシャルワーク論Ⅰ~Ⅳ、公的扶助論、社会福祉運営管理論、健康福祉論、国際福祉論、社会福祉発達史、福祉ボランティア論
≪福祉分野≫
児童福祉論、高齢者福祉論、障害者福祉論、医療福祉論Ⅰ・Ⅱ、地域福祉論Ⅰ・Ⅱ、精神保健福祉論Ⅰ~Ⅲ、家族福祉論、司法福祉論
≪福祉援助技術≫
ソーシャルワーク演習Ⅰ~Ⅵ、ソーシャルワーク実習Ⅰ~Ⅵ、ソーシャルワーク実習指導Ⅰ~Ⅵ、ヒューマンケアチームアプローチ演習、カウンセリング
≪演習≫
基礎演習、専門演習Ⅰ~Ⅳ、社会福祉研究Ⅰ~Ⅳ
関連科目 コミュニケーション技法Ⅰ(視覚障害)、コミュニケーション技法Ⅱ(聴覚障害)
権利擁護論、障害者教育総論、障害児の心理Ⅰ(知的障害)、障害児の心理Ⅱ(肢体不自由)、障害者の心理Ⅰ(知的障害)、障害者の心理Ⅱ(病弱)、病弱者の生理・病理、障害者の生理・病理Ⅰ(知的障害)、障害者の生理・病理Ⅱ(肢体不自由)、障害者とセラピューティックレクリエーション、発達障害論、障害者教育福祉論、特別支援教育実習、特別支援教育実習事前事後指導
介護技術、障害児教育支援法、死生学、居住環境論、社会老年学、福祉社会学、病弱教育  発達障害支援論

▲ページトップへ

  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • 社会福祉学部卒業生専用
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube