教員イメージ

教授 E116研究室

担当科目

人体構造機能学Ⅰ・Ⅱ、臨床病態学Ⅰ

研究テーマ

  • 循環器疾患の病態解明

メッセージ

 最近担当した卒業研究のテーマは、「ローズマリーとペパーミントの一時的吸入がストレスと作業能率に及ぼす影響」、「新たな洗髪時リラクゼーション法の考案とその有用性の検討」、「唾液アミラーゼによるストレス後の気分変動の予測」でした。研究で充実感・達成感を得たいゼミ学生をお待ちしています。