教員イメージ

教授 ファッションデザイン研究室

担当科目

生活文化論、文化創作演習、装飾表現論、地域デザイン実習、地域文化実習Ⅰ・Ⅱ、自由選択セミナー、工芸制作論、Customs and Culture in Daily Life

研究テーマ

  • 近世英国の服飾に関する研究
  • 本の伝統的な服飾工芸に関する研究
  • 地域の文化資源に着想を得た文化創造に関する研究

メッセージ

 生活に関わる美学という視点から地域・生活・文化をキーワードとして地域の文化創造にどのように寄与できるのかを課題として研究創作活動を行っています。
 1、2年生を対象とした「生活美学」という授業では、「折る・包む」をテーマとして、風呂敷や折形など日本の伝統的な「包む文化」から現代アートまでを講義した後に、実際に各自が「包み」のプレゼンテーションを行うという体験的な学習を組み入れています。コンピュータ支援によるヴァーチャルな世界が身近である時代だからこそ、自分自身の身体を使った体験を重ね、理解を深めることを大切にしたいと考えています。3、4年生の演習では、人間の身体に身近な生活文化としての服飾やテキスタイルを中心に、各自が見出したテーマを通して地域との関わりを持つことを求めています。また地域の生活文化や文化遺産に関わるテーマについても、積極的に取り組んでいきたいと考えています。