教員イメージ

准教授 色彩学研究室

担当科目

美術、デザインⅠ(描写)、地域文化実習Ⅰ・Ⅱ、CG実習、デザイン概論、色彩表現論、プレゼンテーション演習

研究テーマ

  • アナログ表現・デジタル表現の相互作用における新たな表現方法の追求
  • 幾何学形体の具象化による作品制作
  • 地域の特産品を紹介する広報媒体の作成

メッセージ

 色彩を通して自分のイメージをどのようにしたら表現できるか考えながら、創作活動を中心に行っています。色彩は、デザイン領域はもとよりあらゆる領域や場面において重要視されていますが、日常生活において色彩を意識しながら過ごす事は殆どありません。当たり前のように身の回りにある色彩と改めて向き合い、単なる物を彩る飾りとしてではないイメージを伝える手段としての色彩について考えていきます。
 また表現する上では、絵の具やコンピュータ等を使用して色を塗る事自体は簡単ですが、簡単に扱える分注意をしないと、自分のイメージを相手に伝えられない場合がある事も知っておかなければなりません。色彩は見る人の心理に訴える事が多いため、決して疎かに扱えないとても繊細な要素なのです。
 制作等を通して知識・技術を習得していく中で、色彩をコミュニケーションツールのひとつとして捉え、色彩表現の可能性を研究していくと共に、より豊かな生活の創造を目指していきます。