平成30年度コーディネーター育成プログラムアドバンス講座開講


 「山口市生涯活躍のまち構想」実現のため、地域交流拠点コーディネーターを育成する「平成30年度コーディネーター育成アドバンスプログラム」講座を開講しました。
 アドバンスプログラムは、昨年度の基礎プログラムを終了し2年目となる事業所(YELL50認定団体)を対象に、各団体が実施するアクティブシニアの市内移住に向けた取組がより円滑に進むよう、講師の指導を受けながら「計画・実行・評価・改善」の流れを整理し実践していくプログラムです。

 5月14日、第1回の講座では、参加した各団体がプロジェクトの目標や評価指標等をまとめたPDM(project design matrix)表と、具体的にどう活動していくかをまとめた事業計画表を発表しました。

 そして、講師であるNPO法人アジアン・エイジング・ビジネスセンター理事長小川全夫氏とLocal Creation Office泉谷勝敏氏から、各団体に対して、事業計画の改善に向けた個別指導を行いました。

 最後は、小川氏から各団体のPDMの改善に活用できるよう、移住や就業等に関する具体的な評価指標等について説明がありました。