1. HOME
  2. 教育を重視する大学

地域マインドを育む

 山口県立大学では、4年間の教育課程(基礎教養・学部専門)を通じて、「地域の一員になる気持ち」と「社会実践力」を培い、地域マインド豊かに社会で活躍できる人材の育成を目指します。

地域共生演習

 キャンパスを飛び出して、実際に現地におもむいて地域の魅力を発見します。豊かな自然環境の中に古い歴史をもつ山口県の特色を活かしたユニークな授業です。

<到達目標>
1 地域との接し方の基本的な礼儀を習得
2 山口県の特色を地元住民と具体的に学ぶ
3 地域住民との交流活動に参加して地域の活力を高める
4 自らが得た経験を分かりやすく発信する

 小グループに分かれて、1泊2日の「宿泊型実習」と数日単位の「通い型実習」それぞれ一つに参加します。
 その中の一つ「もりさま祭り」では、「も~りさまっ。も~りさまっ。」というかけ声とともに神輿を担いで街を練り歩き、地域の方々や高校生といっしょに地域の祭りを盛り上げています。

地域学

 山口県の特性を把握し、発展の可能性を理解し、講義とフィールドワークを通じて地域を創っていく能力を身につけます

<到達目標>
1 地域社会と関わりを持つことの重要性を理解する
2 様々な分野の中から自らが関わることができる地域課題を見つける
3 主体的に地域づくりに取り組む姿勢(志と能力)を身につける

 フィールドワーク活動では実際に足を運び、地域関係者からレクチャーを受けたり、地域課題について意見交換などをします。

地域防災活動・災害ボランティア活動

 東日本大震災を契機に、被災地でのボランティア活動や山口からの復興支援に取り組み、こうした活動の中での学びから、大学のある宮野地区で、地域住民とともに防災活動に取り組んでいます。

▲ページトップへ

  • グローバル人材育成推進事業
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube