1. HOME
  2. 図書館・センター
  3. 郷土文学資料センター

郷土文学資料センターだより

 『山口県立大学附属郷土文学資料センターだより』は、所蔵資料を「広く県民に公開し、学芸の振興を図る」目的で、2003〈平成15〉年5月に第1号を発行しました。今後、原則として年2回の発行を計画しています。この『センターだより』は、県立大学だけではなく、県内のさまざまな公共機関(図書館・社会教育施設)にも送付しています。

最新号

・「ふるさと山口文学ギャラリー」の今とこれから(廣重順子)
・資料展示「嘉村礒多が残したもの」(加藤禎行)
・江戸時代の奇談の中の大内氏(木越俊介)
・平成28年度山口県立大学サテライトカレッジ「やまぐちの文学再発見 in 周南」報告
・寄贈図書・寄贈雑誌
・編集後記

郷土文学資料センターだより 第27号

バックナンバー

バックナンバーです。

第26号 2015年(平成26年)11月30日発行

 ・アメリカ公演の思い出(米本太郎)
 ・はじめての鷺流狂言米国公演を実現するにあたって(シャルコフ・ロバート)
 ・寄贈雑誌・寄贈図書
 ・第8回鷺流狂言 in 山口県立大学
 ・編集後記

第26号(PDF)

第25号 2015年(平成26年)5月31日発行

 ・「鴻の峯学級」を閉じるにあたって(山本 満寿美)
 ・山頭火ふるさと館建設に向けて(杉江 純一)
 ・やまぐち文学回廊構想推進協議会事務局を振り返って(福田 美紀)
 ・平成27年度山口県立大学サテライトカレッジ「やまぐちの文学再発見」
 ・寄贈図書・寄贈雑誌・編集後記

第25号(PDF)

第24号 2014年(平成25年)12月15日発行

・展示「『新潮』編集者、楢崎勤の文学活動」について(加藤 禎行)
・学生インタビュー~展示「『新潮』編集者、楢崎勤の文学活動」を終えて~
・寄贈図書、寄贈雑誌
・第7回鷺流狂言 in 山口県立大学
・編集後記

第24号(PDF)

第23号 2014年(平成25年)6月30日発行

【和田健先生 追悼号】
 ・県下文学史上に貴重な存在(清永 唯夫)
 ・お世話になりました―創業者を偲ぶ―(陶山 祐二)
 ・和田先生に導かれて(多田 美千代)
 ・詩人和田健先生を悼む(田村 悌夫)
 ・追悼 和田健先生(福田 百合子)
 ・寄贈図書・寄贈雑誌・編集後記

第23号(PDF)

第22号 2013年(平成25年)11月30日発行

【寺内文庫特集号】
 ・寺内文庫と私(福田百合子)
 ・桜圃寺内文庫の建物が附属図書館だった頃(町田敬一郎)
 ・旧寺内桜圃文庫を見上げてみると~建物から流れる3つの物語~(斉藤理)
 ・桜圃寺内文庫資料にみる「エツ」(伊藤幸司)
 ・寄贈図書・寄贈雑誌

第22号(PDF)

第21号 2013年(平成25年)5月31日発行

・『やまぐちの文学者たち』[増補版]を刊行して(玉木伸尚)
・山口鷺流狂言の現況(稲田秀雄)
・平成25年度山口県立大学サテライトカレッジ「やまぐちの文学再発見」
・寄贈図書・寄贈雑誌・編集後記

第21号(PDF)

第20号 2012年(平成24年)11月30日発行

・あらつち短歌会紹介(河野康子)
・やまぐちの文学を辿ろう!
 -やまぐち文学回廊構想推進協議会の取組み-(玉木伸尚)
・「嘉村礒多の文学世界」展を開催しました!
・【報告】平成24年度 山口県立大学公開講座「やまぐちの文学」
・寄贈図書・寄贈雑誌

第20号(PDF)

第19号 2012年(平成24年)5月31日発行

・季刊 全国エッセイ誌『ふるさと紀行』32年間の歩み
  ~東京から山口の里山へ、そして全国へ発信~(畑山静枝)
・嘉村礒多生家『帰郷庵』でふるさとの味を(園田純子)
・寄贈図書・寄贈雑誌
・郷土文学資料センター設立25周年記念懇談会 開催のご報告

第19号(PDF)

第18号 2011年(平成23年)11月30日発行

・郷土文学資料センター設立25周年を迎えて(稲田秀雄)
・「郷土文学資料センター設立」前史(熊本守雄)
・新たな段階を迎える(清永唯夫)
・河上徹太郎と図書館(稲生慧)
・県詩人懇話会余話(和田健)

第18号(PDF)

第17号 2011年(平成23年)5月31日発行

・甦る嘉村儀多(多田美千代)
・嘉村礒多生家『帰郷庵』で、ふるさと山口の食体験(園田純子)
・平成23年度山口県立大学公開講座やまぐちの文学
・寄贈図書・寄贈雑誌・編集後記

第17号(PDF)

第16号 2010年(平成22年)11月30日発行

・故郷の文化を 生かし 敬まい 愛する心(保田正子)
・ふるさと山口文学ギャラリー企画展を担当して(仁田野茉莉)
・寄贈図書・寄贈雑誌・編集後記

第16号(PDF)

第15号 2010年(平成22年)5月31日発行

・山頭火、「風来居」雑記(和田健)
・平成22年度山口県立大学公開講座やまぐちの文学
・俳句維新伝道の人 山頭火(窪田耕二)
・寄贈図書・寄贈雑誌・編集後記

第15号(PDF)

第14号 2009年(平成21年)11月20日発行

・俳人高橋飄々子の世界(田村悌夫)
・対談 妻が語る俳人高橋飄々子 (高橋ちちり・田村悌夫)
・寄贈図書・寄贈雑誌・編集後記

第14号(PDF)

第13号 2009年(平成21年)5月31日

・『川口重美句集』復刻と句碑建立の周辺(上野燎)
・句碑  (藤井安子)
・郷土文学関係雑誌細目
・平成21年度山口県立大学公開講座やまぐちの文学
・寄贈図書・寄贈雑誌・編集後記

第13号(PDF)

第12号 2008年(平成20年)11月20日発行

・やまぐちスタディーズの誕生へ向けて(シャルコフ・ロバート)
・只今、『やまぐち文学散歩』作成中!! (山本徳子)
・明倫館初代学頭・小倉尚斎覚え書き―
 『両関唱和集』に見る朝鮮通信使との交流―(木越俊介)
・寄贈図書・寄贈雑誌・編集後記

第12号(PDF)

第11号 2008年(平成20年)5月26日発行

・資料センターの発足のころ(武市眞弘)
・武市眞弘先生との思い出ー長いようで短かった二十余年の歳月ー (野口義廣)
・武市眞弘先生と郷土文学資料センターー右手人差し指と細目調査カードと水遊びー(安光裕子)
・「ふるさと山口文学ギャラリー」の開設(林史子)
・鷺流狂言特別公演を終えて(米本太郎)
・寄贈資料・編集後記

第11号(PDF)

第10号 2007年(平成19年)11月8日発行

・句会(吉田紗美子)
・山口県の自由律俳句史(田村悌夫)
・阿東町の文学風土ー静謐の作家斯波四郎と芥川賞の世界ー(野口義廣)
・寄贈図書・雑誌 ・編集後記

第10号(PDF)

第9号 2007年(平成19年)5月29日発行

・中原中也生誕百年がもたらすもの(中原豊)
・楢崎勤関係資料の寄贈について(加藤禎行)
・宇部 歌壇 回顧 (武市眞弘)
・寄贈資料・編集後記

第9号(PDF)

第8号 2006年(平成18年)11月2日発行

・設立20周年を迎えた郷土文学資料センター(稲田秀雄)
・資料センター設立の経緯 設立20周年の回顧と未来への展望(福田百合子)
・資料調査の思い出-清風文庫のことなど-(熊本守雄)
・菊舎顕彰会の活動について(岡昌子)
・高樹のぶ子氏の講演「地霊と感性」を見て聞いて(中村奈保子)
・彙報・編集後記

第8号(PDF)

第7号 2006年(平成18年)5月2日発行

・「七人の文豪展」(森川信夫)
・文学者の思いをつないで(西村佳子)
・中本たか子宛横光利一書簡について(加藤禎行)
・彙報・編集後記

第7号(PDF)

第6号 2005年(平成17年)11月4日発行

・河上徹太郎の評論の視点(稲生慧)
・ツルの俳人・亘理寒太の人生(田村悌夫)
・太田静一氏宛井伏鱒二書簡について(加藤禎行)
・寄贈資料・編集後記

第6号(PDF)

第5号 2005年(平成17年)5月14日発行

・附属郷土文学資料センター設立の頃のことなど-最終講義抄録-(熊本守雄)
・お知らせ/平成17年度 公開講座やまぐちの文学
・寺内文庫と熊本先生と(國守進)
・寄贈図書・編集後記

第5号(PDF)

第4号 2004年(平成16年)11月5日発行

・夭折の俳人・川口重美~寄贈の資料に期待~(清永只夫)
・剣花坊と山口(和田健)
・仏縁の『嘉村礒多全集』(多田みちよ)
・公開講座(ふるさとの文学)
・資料展示・寄贈図書・寄贈雑誌・寄贈資料・編集後記

第4号(PDF)

第3号 2004年(平成16年)5月14日 発行

・地域と大学の絆として-郷土文学資料センターの現況-(稲田秀雄)
・嘉村礒多「愛蔵の書物棚」等の寄贈(熊本守雄)
・資料紹介/新収の太田静一宛川端康成書簡について(加藤禎行)
・太田先生と礒多(福田百合子)
・公開講座(ふるさとの文学)
・資料展示・編集後記

第3号(PDF)

第2号 2003年(平成15年)11月12日発行

・資料の移管について(熊本守雄)
・寄贈図書・雑誌(文芸/短歌/俳句/川柳/その他)の整理・登録について
・資料紹介 狂言名寄・内外問名寄(稲田秀雄)
・公開講座(ふるさとの文学)
・資料展示・編集後記

第2号(PDF)

創刊号 2003年(平成15年)4月30日発行

・創刊の辞(熊本守雄)
・センターは礒多の資料館(和田健)
・潮の香と共に-回想・国文調査紀行-(福田百合子)
・資料展示紹介
・公開講座(ふるさとの文学)
・編集後記

創刊号(PDF)

▲ページトップへ

  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube