1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 看護栄養学部
  4. 栄養学科

学びのポイント

学べること

 「食」は人が生きていくうえで欠くことのできない命の源です。毎日の食事は人々の健康に深く関わっています。
 栄養学科は、人々の健やかで豊かな生活の実現のために、栄養学を基盤とした「つながりの諸科学」を踏まえ、一人ひとりの身体状況や栄養状態に応じた支援ができる管理栄養士を養成します。


基礎から積み上げる専門的知識
 健康や栄養を科学的な根拠に基づいて正しく理解するために、人をとりまく社会や環境、身体の仕組みや調節機能、病気の成り立ち、食品及び調理の特性や栄養素の機能など、専門領域につながる、基盤となる知識を学びます。

生きた知識につながる問題解決に向けた思考判断力
 実験や調査から得られたデータを適切に処理し、論理的に考察するために、これまで学習してきた基礎的知識や新たに収集した適切な情報を統合し、発展的活用を通して、問題解決する手法を学びます。

多職種協働を通して拡がる視点
 専門性を生かして社会貢献できる管理栄養士になるために、個人や地域社会住民の全体的評価から自ら行う栄養管理への支援方法、特定給食施設における食事計画・生産管理を行う方法等の多角的な学習を通して、社会で働く上での自分の役割を踏まえ、多職種協働の重要性を学びます。

人々の健康に貢献できる幅広い実践力
 円滑な人間関係を構築するために対象者への傾聴、受容、共感を体験したり、チームの構成員に自分の意見を述べ相互理解するために事例の発表や討論を行ったりする実践形式の学習を通して、効果的なコミュニケーション手法やプレゼンテーション手法を学びます。

学びの成果

  • 健康、栄養学、関連する諸科学に関する基本的知識が身につきます。
  • 学習した基礎知識や技術、新たに収集した情報を統合し、発展的活用を通して、問題解決に向けた思考判断する力が身につきます。
  • 管理栄養士としての倫理観や職業観を身につけ、チームの一員として活躍できる力が身につきます。
  • 国際的視野を持った管理栄養士として、コニュミケーションやプレゼンテーションができる力が身につきます。

学科長からのメッセージ

 こんにちは!
 皆さん、毎日美味しく食事をとっていますか?
 食事は一日の活力の源です。そして成長期の子どもたちの体を作る栄養になります。
 毎日の生活の中で、ちょっとした体調の変化で、食欲がなくなったりすることを経験することがあると思います。短期間であれば影響は少ないのですが、長期間に及ぶと低栄養が原因となって体重が減少し、病気になりやすくなったり、回復にも影響がでます。
 私たちは栄養についてどのように考え対処すべきなのでしょうか?

 昨今の報道を見ますと、医療の発展と健康に対する意識の高まりとともに、日本人の平均寿命はおおよそ過去最高の男性80歳、女性87歳に到達しています。平均寿命の延びは働かれている方が定年を迎えた後に過ごす時間が長くなることを意味しています。その時間をいかに健康に過ごすか、「健康寿命」への関心は全国的に広がっています。また少子高齢化に伴い、65歳以上の高齢人口の比率は総人口の4分の1となりました。支えられる人々は増加し、支えるべき若い世代の人口は減っています。また医療や福祉に従事する人口も減少し、医療施設もこの10年で約1000以上の施設がなくなり療養施設に転換されています。高齢者は病気を持っていても入院するのではなく、できるだけ自宅で生活し療養する必要があります。高齢世帯が健康に暮らす大切なキーとなるのが栄養です。
 また世界的傾向でもあり、日本でも問題となっている過栄養に伴う肥満症などメタボリックシンドロームに関連する疾患(最近では年齢が若年化しています)や、極端なやせ願望に伴う栄養障害や筋肉量・筋力の低下の問題など現代社会は複雑な問題を多数はらんでいます。

 これらの問題解決の根幹をなるのが「適切な栄養の摂取」「無理のない範囲で運動を続けること」「生きがいを持つこと」と言われています。栄養に関しては様々なエビデンスの蓄積とともにますます重要性が増しています。

 このような様々な栄養に関する問題に他の職種とともに立ち向かうことができるのが、医療・福祉や行政の分野では管理栄養士であり、教育分野においては栄養教諭、行政衛生分野においては食品衛生監視員になります。
 栄養学科ではこれらの資格を取得し、大学で身につけた栄養に関する知識・技術を使って、卒業後に社会に貢献することができます。

 また栄養学科では課外活動として、様々な食育活動や国際交流を学生が主体となって行っています。さまざまな研究・地域貢献・国際交流をとおして社会に貢献しています。
 今あなたが考えていることを大学の仲間や教員と一緒に活動・勉強しませんか?

 2017年度4月からは新校舎での講義・実習が開始されました。
 この新しい学び舎であなたもキャンパスライフを満喫してください!



栄養学科 学科長 内田耕一

▲ページトップへ

  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube