1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 国際文化学部
  4. 文化創造学科

学びのポイント ―日本文化も学べる。デザインも学べる。―

こんなことが学べます

文化や芸術、地域文化への知識を深めた上で表現力をやしないます
 文化創造学科は、歴史的な文脈を意識しながら、みずからの文化や芸術そして地域文化について知識を深め、積極的に情報や資料にふれたうえで、アイディアを効果的に表現し、発信できることをめざす学びを目標としています。
 そのため、2年次から「日本文化」「デザイン創造」のどちらかのコースを選択して学びを深めます。

日本文化、地域文化への理解力を高めることで新しい創造力を身につけます
 「日本文化」コースでは、わたしたちが暮らす日本の文化、そして地域の文化を再発見し新しい魅力を創造的に提示していくための高度な理解力と分析力をみがきます。言語、歴史、文学などの日本文化の領域はもちろんのこと、さらには地域文化の魅力を実践的に提案していく学びも用意しています。

デザインを通して、技術と発想力をきたえます
 「デザイン創造」コースでは、地域の特性に根ざしながら、デザインを中心とした知識と技術に基づく企画力・発想力をきたえます。ビジュアル、メディア、プロダクト、ファッション、サービスデザインなどの多様な領域の学びに出会えます。

文化創造学科が目指すもの

  • ふたつのコースにわかれて学んでいても、文化創造学科における学びの目的地は同じです。山口県立美術館などの学外の文化施設で、4年間の学びの成果を発表するのが、4年生の重要なミッションです。
  • 毎年開催される文化創造学科「卒業展 +」は学科最大のイベントです。「日本文化」コースのパネル発表、「デザイン創造」コースの作品制作や報告、さらには2-3年生の成果発表も同時に行われます。
  • みずからの発見やアイディアを深く追求し、伝える相手に判りやすく、コトバやイメージを最大限に駆使してアピールしていく力。それが文化創造学科が学生のみなさんにプレゼントしたいと願っている力です。

学科長からのメッセージ

≪地域の文化資源の価値や可能性を「再発見」し、新たに地域の文化を「創造」し、そして「発信」する文化創造学科≫

 文化創造学科は、国際的な視点に立ち、地域の文学・歴史・芸術・生活などに関する広範な知識を習得するとともに、実習経験を積み重ねることによって、地域の文化資源の価値や可能性を「再発見」し、新たに地域の文化を「創造」し、そして「発信」する力を身につけた、地域の諸課題の解決に資する人材の育成を目指しています。

 本学科には、日本文化コースとデザイン創造コースという2つの教育コースがあります。
 日本文化コースには、古文書などのさまざまな文書を手掛かりに調査や分析をする力や、日本文化や地域文化について見過ごされていた価値を発見し、新たな価値を創造する力を身につけるための授業があります。
 一方、デザイン創造コースには、生活文化や芸術・ デザインなどの視点から、地域の文化や芸術的な資源を生かしつつ、暮らしの中から新たな価値を発見し創造する力や、実習から育まれる造形表現力、調査・分析に基づいた企画提案力を身につけるための授業があります。
 これらの授業は、教室で行う場合もあれば、ときには教室を飛び出して、美術館や図書館で行ったり、ガラス工房で作品を制作したり、各地の歴史的建造物や古い町並みを見て歩いたりというようにバリエーションに富んでいます。
 こうした学びの集大成として、4年次には卒業演習があります。日本文化コースでは卒業論文を執筆し、デザイン創造コースでは卒業制作を行います。論文の執筆や作品の制作に留まらず、論文の場合はその内容をわかりやすくパネルにまとめたものを、また卒業制作では作品を、山口県立美術館で広く一般市民に向けて展示することによって、その成果を問うています。

 指導する教員は、山口に伝わる鷺流狂言や嘉村礒多などの郷土文学、まち歩きなどのスペシャリスト、地域の特産品のパッケージ開発や柳井縞などを用いたファッション開発などのスペシャリスト等々個性派揃いです。本学科の学びに飽きることはないでしょう。比類なき文化創造学科へ飛び込んでみませんか。

文化創造学科 学科長 安光裕子

▲ページトップへ

  • グローバル人材育成推進事業
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube