1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 国際文化学部
  4. 国際文化学科

学びのポイント

学んで身につく力

寛容力 ―違うってステキ!と思える―
 文化の違いを超えて互いに尊重しあえる地球市民になる

コミュニケーション力 ―知らない人とも通じ合える―
 多言語の情報を収集・編集・発信できるエキスパートを目指す

交流力 ―さまざまな人々と夢も悩みも分かちあう―
 的確に思考・判断し、地域社会のリーダーとも交流できる

問題解決能力 ―地域で輝いてグローバルな未来をひらく―
 人間的な信頼関係に基づいて、問題解決を目指すチームワーク

行動力 ―人の輪のなかで生き生きと動く―
 国内外で実践し、地域の魅力を世界に向けて情報発信できる

こんなあなたにピッタリ

・外国の文化やそこで生活している人々から学ぶことのできる人
・新たな外国語を学ぶための適性がある人
・異なる文化を生きる人々との交流を希望する人
・世界の社会的・文化的課題を学ぶ意欲のある人

学科長からのメッセージ

≪インターローカル人材をめざそう≫

 グローバルな世界へ知的探検に出かけませんか。
 探検は、知りたい・チャレンジしたいと思う好奇心と行動力、現地理解を助ける羅針盤や地図などの道具、そして踏み出す勇気と苦楽を共有できる仲間がいればより楽しく充実したものになるでしょう。
 国際文化学科には様々な探検知をもつ教員がいます。日本、韓国、中国、アメリカ、イギリスと異なる文化的背景や教育研究実践の経験に支えられた万華鏡のような多様性。その刺激は、みなさんの学びをさらに活性化させてくれることでしょう。
 他学科の学生や学外の地域の人々からも、積極的に学んでいくような人を求めています。その中で、相手を知ることによって自分自身の背景や思わぬ欠点・偏見に気づくこともあるでしょう。自身をよく知ることは、異文化理解をより進めていくことになります。語学・文化研修・留学、フィールドワークやインターンシップでは、単に経験や語学力が身につくのではありません。他者を尊重しながら自己を主張する知識・態度、今ある世界をよりよいものに作り変えていこうと努力し、その結果を発信する技術や力を身につけることができます。国際文化学科でこれらの力を身につけた皆さんは、世界に向かって力強く羽ばたくことができるはずです。


国際文化学科 学科長 金 恵媛

▲ページトップへ

  • グローバル人材育成推進事業
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube