1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 大学院
  4. 国際文化学研究科

国際文化学専攻(修士課程)

人材育成の特徴

 国際文化学研究科国際文化学専攻は、人間を尊重し、社会の国際化に対応できる能力とともに、生活者の視点に立って、地域の歴史・文化を継承したり、新たに発掘・創造できる能力を備えた人材の育成を目標としています。

カリキュラムの特色

 本研究科では1年前期から2研究科の学生が専門や学問領域の違いを越え、本学の理念と深く関わる「生命と生活の質特論」(『大学院共通科目』)を学ぶとともに、本研究科固有の『基礎科目』群のうち、研究能力の基礎を培う「国際文化学研究法」を受講します。併行して、もしくは引き続き、『専門科目』、修士論文・制作と直結する『特別研究』へと展開していきます。
 また、「山口国際文化学研究会」という学びの場を「研究交流」「院生指導」を兼ねて開催しており、院生は「研究者としての教員」から最先端の研究成果を学ぶことができます。

授業科目

                                                           
科目区分授業科目名
共通科目生命と生活の質特論
基礎科目国際文化学研究法 文化コーディネート論 総合実習
専門科目比較政治特論 国際関係特論 文化人類学特論 多文化教育論 国際文化学特講Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ 言語文化特講Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ 仏教文化特論 日本文化特講Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ 地域学特論 NGO・NPO特論 文化遺産論 文化創造特講Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
特別研究国際文化学研究

3つの方針

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

(1) 文化の多様性や共存への理解と、文化の交流・創造を図ろうとする意欲および能力を有する人

(2) グローバルな感覚と異文化への深い関心を有する人

(3) ローカルな歴史・文化を尊重し、そこから学ぼうとする精神を有する人

(4) 自らと異なるものを排除しない精神を有する人

(5) 自らの人生を見つめ、学び直したい、あるいは学び続けたいという意欲を有する人

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

○ 異なる価値観の共存につながる寛容さを身につけ、常に違いを超えて交流し理解しあおうとする態度、および、膨大な情報の波に飲まれず、自らの必要とする文献・資料を適確に収集して創造的に発信していく技術を身につけさせるため、共通科目を置く。

○ 共通科目をもとに、異なる価値観の共存につながる寛容さを身につけ、常に違いを超えて交流し理解しあおうとする態度、および、膨大な情報の波に飲まれず、自らの必要とする文献・資料を適確に収集して創造的に発信していく技術を身につけさせるため、基礎科目群を置く。

○ 共通科目、基礎科目群をもとに、文化の多様性を踏まえて、自らの生きる場での課題を発見・解決できる基本となるものの見方、および、異なる価値観の共存につながる寛容さを身につけ、常に違いを超えて交流し理解しあおうとする態度を身につけさせるため、専門科目群を置く。

○ 共通科目、基礎科目群、専門科目群をもとに、文化の多様性を踏まえて、自らの生きる場での課題を発見・解決できる基本となるものの見方、および、膨大な情報の波に飲まれず、自らの必要とする文献・資料を適確に収集して創造的に発信していく技術、くわえて、異なる価値観の共存につながる寛容さを身につけ、常に違いを超えて交流し理解しあおうとする態度を身につけさせるため、特別研究を置く。

卒業認定・学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

【知識】
 文化の多様性を踏まえて、自らの生きる場での課題を発見・解決できる基本となるものの見方を身につけている。
 社会人、留学生など、様々なバックグラウンドを持つ学生が切磋琢磨しながら学んでいる本研究科においては、学生には、世界の研究拠点と伍すトップレベルの知識を涵養するよりも、みずからの文化をしっかり身につけた生活者として、グローバル化する世界のなかで一隅を照らしうる人物の養成を目指します。学び直し(リカレント)を含め、創造的な自己実現を可能にする生き様や高齢化社会での行く末を見据えた「その人らしさを活かす知識と識見」を身につけます。

【態度】
 異なる価値観の共存につながる寛容さを身につけ、常に違いを超えて交流し理解しあおうとする態度を身につけている。
 文化が異なることを頭で「理解」することと、隣人として共に生きることを「受容」することはまったく異なります。このことを踏まえ、まずは自文化と異文化を正当に理解したうえ、グローバル時代に必要とされる「ゆるがぬ寛容」への覚悟を自らに問うことを通して、その違いを互いにどこまでは受容しあえるかを見定め、それを伝える態度を身につけます。本研究科での学びを契機として修了後も生涯の課題として実践し学び続ける姿勢を身につけます。

【技術】
 膨大な情報の波に飲まれず、自らの必要とする文献・資料を適確に収集して創造的に発信していく技術を身につけている。
 情報化が進む中で、テレビや新聞等の流すニュースの一方的な受け手となるしかない情報弱者と、みずからも情報発信しながら必要な情報を的確につかんで、総合的に判断することができる自立した市民の差が非常に大きくなっています。この現状の中で、専門的な情報をも適確に取捨選択して収集し、読み解くことができる力、さらにはその解読した結果をかみ砕いて再創造し発信することで、情報弱者をも支援していける技術を身につけます。

▲ページトップへ

  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube