1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 大学院
  4. 健康福祉学研究科

研究科長あいさつ

研究科長イメージ
山口県立大学大学院
健康福祉学研究科長
中村 仁志

山口県立大学大学院健康福祉学研究科で学びませんか

 山口県立大学大学院健康福祉学研究科は、社会福祉学・看護学・栄養学に関する3学問の学際的融合のもと、人々への健康づくりのための保健・福祉サービスに関するあり方検討や実践するための高度な知識・技術を有する人材養成を目的に設置されました。
 現在、専門職はどんどん専門分化して行き、狭い領域での高度な知識・技術の習得が求められています。そうした中で、人の健康を支えるためには一専門職の力ではとても支えきれない時代になっています。言うなれば、人々の健康に関わって行くためには、深い知識を持ち、広い視野を持つことが要求されるということになります。今、人の健康を支える場合、深い専門的知識を数々の視点で判断し繋げて行く協働というチームワークが大事になります。この視点は専門的な視点だけではなく、経験的な視点も加味しなければならないと考えています。
 我々が目指す人が健康に生きて行くことに対する支援は、人が「生まれ」、「育ち」、「社会で活躍」し、「死に行く」まで、その人が人生の中で自分の力を最大限発揮するための「お手伝い」をさせてもらうことだと考えています。
 健康福祉学研究科は、夜間開講し、今現在、社会で活躍している方々にも門戸を広げ、なお一層の知識・技術の獲得と日頃考えておられる課題の解決や課題から派生する新たなる課題の探求を、今社会で求められている「様々な視点」から一緒に目指して行こうとする大学院です。
 これまでも健康福祉学研究科で学び、研究をまとめるという形で課題を解決された方々は、社会に出、また社会に戻り、その知識、技術力を遺憾なく発揮され、専門の道で活躍されています。 

 より高度な人の健康を支える知識、技術を磨くためにも、健康福祉学研究科で学び、一緒に解明して見ませんか。


 

▲ページトップへ

  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube