1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 社会福祉学部

学びのポイント

学べること

 「地域に根ざし、幸せを支えるソーシャルワーカー」を目指して、少子高齢社会における福祉課題を広い視野から理解するための専門知識と、深い人間理解と人権尊重に裏付けられた実践技能を学びます。

実践に結びつく専門的知識
 地域の多様な福祉課題を広い視野から多角的、多面的に把握し、理解するとともに、その解決策を構想し、実践するために必要な人間、家族、社会に関する高度で専門的な知識を学びます。

<その人らしい暮らし>を実現する思考力と技術
 社会福祉の営みは、人と人との関係の上に成り立ちます。コミュニケーションは、人と人との関係をつくりだすために不可欠なものです。学修した知識を活用して、人や地域が抱える課題を的確に捉え、人と人との関係を紡ぎながら、新たな福祉を構想する論理的思考力と、それを達成するための方法論を結びつけ、人々が<その人らしい暮らし>を実現する技能を学びます。

自分をみつめ周囲をみつめる態度
 現代社会に生きる良識ある市民として自律的かつ洞察的な判断ができるために、自分自身について、また自分と他者・社会との関係について深く理解し、人と人との関わりを紡いでいくことのできるしなやかな構え・態度を学びます。

命を尊重する権利擁護の姿勢
 現代社会に生きる良識ある市民としての人権感覚を常に磨き、人命・人権の尊重、社会正義の
原理をゆるぎないよりどころとする倫理観と行動力を身につけます。

学びの成果

  • 豊かな知識と、確かな福祉技能を実践するために必要とされる、自らの頭で考え、その考えを自ら冷静に省察する力が身につきます。
  • 福祉社会の実現に向けて、生涯にわたって自己研鎮し、人間的成長をはかっていく力が身につきます。
  • 多様な生き方や志向、価値観を有する人々とともに連帯、協働しながら、人々の命やこころ、くらしが尊重される福祉社会に貢献できる力が身につきます。

学科長からのメッセージ

 社会福祉学部(学科)の特徴の一つとして、「学生と教員の距離が近い」ということがあります。カリキュラムとしては、1年次のキャンパスライフ入門、基礎演習を10数人の小グループで実施し、大学生としての学びのスキル修得を教員がチューターとして指導するとともに、生活の相談にも乗っています。2年次には、ソーシャルワーク演習を、同様に小グループでの授業とし、チューター教員が学習及び生活等の相談に乗っています。そして、3・4年次の専門演習は、学生の志向する専門分野を担当する教員の下、各教員の研究室において、8人程度のゼミナール形式で、4年間の学びの研究成果を演習論文としてまとめていきます。このゼミ担当教員がチューターとして、研究はもちろん、進路選択や国家試験対策などにも積極的にかかわっています。
 さらに、本学部では、1年次から多くの学生が、教員の研究室を訪れ、科目履修や資格取得、進路相談などいつでも気軽に相談できる環境にあります。チューター制度を取り入れていますが、「このことなら、〇〇先生に!」というように、チューター教員でなくとも、学生がお目当ての教員の研究室で、納得いくまで話していけるように、教員一同、学生の訪問を心待ちにしています。

社会福祉学科 学科長 内田充範

▲ページトップへ

  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • 社会福祉学部卒業生専用
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube