1. HOME
  2. 世界とつながる大学

日本語TA

 本学の海外姉妹大学からの依頼を受けて、大学が推薦する日本語ティーチングアシスタントを姉妹大学に送る制度を設けています。外国人の日本語履修者に日本語を教える授業で、1年間程度ティーチングアシスタントを経験することができます。
 本学学長の推薦状を相手大学に送るので、募集や選考等の手続きがありますが、交換留学制度と異なり単位にはなりませんので、休学していくことになります。
 日本語教師を目指している学生には、貴重な実地体験を得る良い機会になります。語学教育のティーチングアシスタントですから、原則として日本語教育に関する科目を履修しており、実習を行なっていることが条件となります。詳細については、毎年秋に募集される掲示内容を参照してください。

カナダ・ビショップス大学

 渡航費、滞在費、生活費等の補助があります。宿舎はキャンパス内の寮が提供されます。日本語教員のもとで指導を受けながら、ティーチングアシスタントをし、また、日本語クラブの運営も行ないます。

体験談

【2017年度】
国際文化学科3年 小荷子 那実
1号(9~10月)

過去の体験談

ビショップス大学

中国・曲阜師範大学

 日照キャンパスで教える場合と、曲阜師範大学が経営する杏壇学院で教える場合があります。前者は海沿いの街である日照市に、後者は内陸に入った曲阜市に住むことになります。滞在費や生活費が支給されます。普通の教員と同じ扱いでクラスを任されることになりますが、大学が指定した教科書で、指定された内容を教えます。

体験談

【2016年度】
国際文化学科3年 櫛田楓
最終号
5号(5~6月)
4号(3~4月)
3号(1~2月)
2号(11~12月)
1号(9~10月)

過去の体験談

曲阜師範大学

アメリカ・センター大学

 渡航費、滞在費、生活費等の補助があります。宿舎はキャンパス付近の寮またはアパートとなります。日本語教員のもとでティーチングアシスタントをします。

過去の体験談

センター大学

▲ページトップへ

  • グローバル人材育成推進事業
  • 大学パンフレット
  • YPU@ほーむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE@
  • YouTube